ガッツリ儲けたいなら一棟売りアパートに決まり

紙幣

投資の目的を明確に

セミナー

初心者向けの不動産投資セミナーは数多く開催されていますが、具体的に何を学び、何を習得したいかを事前に明確にしておきましょう。その中でより目的に合ったセミナーを選択し、将来の資産運用に役立ててみましょう。

賃料の延滞を回避できる

女性

賃貸保証会社を利用することで賃料の延滞や賃料の回収不能はなくなります。賃貸保証会社の利用は貸す側だけではなく、知人や両親に保証人を頼みにくい方や保証人を依頼できない借主の側にとっても大きなメリットがあるのです。

家賃の責務を代行し保証

男女

家賃債務保証は、これからの日本の不動産業界になくてはならないシステムと言えます。しかし、それを監督する部門や、法律等がまだ定められていない為、トラブルも多くあるのも現状としてはあります。しかし、高齢者など多くの人が安心して賃貸物件を借りるためには必要不可欠な制度であることが言えます。

高い単純利回りが魅力

アパート

必要な予算も少なめ

不動産投資をするのに興味を抱いた人がよく選ぶようになっているのが一棟売りアパートです。国内で流通している物件の数が多いことから、投資用の不動産情報を集めていると一棟売りアパートが目に入りやすいのも一つの理由でしょう。しかし、不動産投資をしようと少し勉強してみて、物件選びのときに何が重要かと調べてみて初期に知るのが利回りの高さです。一棟売りアパートは全体として単純利回りが高くなっていて、投資のために使ったお金に対して家賃による収入が高いと期待できる点で魅力になっています。一方、次の段階として不動産投資にどれだけのお金をかけられるかが切実な問題になるでしょう。不動産投資ローンを組めるかどうかという問題から始まり、生活に困らない程度の自己資金としてどの程度が適切かも吟味しなければなりません。一棟売りアパートの特徴として通常のサラリーマンなどの平均的な年収の人でも購入できる程度の価格のものが多いのも選ばれている理由です。マンションに比べると価格が安いことが多く、初期に用意しなければならない予算も少なく、組まなければならないローンも小さくて済みます。そのため、不動産投資をしようと考えた人の多くに手が届く物件になっているのが一棟売りアパートであり、選ぶ人が多くなっている理由として大きなものでしょう。利回りの高さの魅力もあってこの時点で不動産投資を決断するとおよそ中古の一棟売りアパートが選ばれています。