ガッツリ儲けたいなら一棟売りアパートに決まり

積木

賃料の延滞を回避できる

女性

不動産投資の中で最も多くの方が行う投資方法が賃貸経営です。賃貸用不動産を所有して、その不動産を貸すことで賃料収入を得る方法です。つまり自分の大切な財産を見ず知らずの第三者へ貸し利用させて収入を得ることです。その入居者が毎月きちんと賃料を払うということを信用して貸し、返済を担保するために保証人を付けてもらい貸すわけですが賃料の滞納や賃料の回収不能は一定割合で必ず起こります。これは借主や保証人の人間性もありますが、貸した後に借主や保証人の経済状況が変わってしまうことが原因のケースも多数あります。賃料の滞納や回収不能は、賃貸経営にとって死活問題です。そのため現在のほとんどの賃貸借契約では、貸す際に賃貸保証会社の利用を借主に義務付けています。賃貸保証会社の利用を義務付けることで、家賃滞納の延滞や回収不能はゼロになります。賃貸保証会社が入居者の支払いを保証してくれるのからです。賃貸保証会社を利用しない場合でも、賃料の支払いを担保するために入居者の親族や知人などを保証人にしていると思いますが、個人の経済状況は不安定であるため賃料の滞納や回収不能が必ず起きていたのです。しかし、賃貸保証会社はその字の通り、保証することを業として行っていますので、個人の信用力とは比較にならないほど安定しています。賃貸管理会社を利用する場合には保証料がかかりますが、その費用の負担は借主の負担となりますので所有者にはメリットだけです。また借主側でも、親や知人に保証人を頼みにくいという方が多いため保証会社を利用したいという方がほとんどであるため、保証会社の利用は貸主と借主の双方に大きなメリットがあります。