ガッツリ儲けたいなら一棟売りアパートに決まり

積木

家賃の責務を代行し保証

男女

メリットとデメリット

家賃債務保証は、今後の日本の不動産業界においてなくてはならない制度と言っても過言ではないシステムです。そもそも家賃債務保証とは、賃貸を管理する会社が家賃債務保証を委託を請け負う会社に依頼し、借主の連帯保証人に第3者として保証人の代わりになることをする会社です。それにより、借主が家賃を払えないなどの債務不履行などに陥った時には、代わりに貸主に保証をすることになります。これにより生じるメリットは、借主、賃貸管理会社双方にあります。現代の世の中、核家族化や高齢化社会が進み、賃貸契約時の保証人を見つけづらい世の中になっています。それをこのような家賃債務保証という制度を利用することにより、高齢者の方や外国人籍の方、障害者の方など多くの方が賃貸物件を利用することができます。つまり借りやすくなるという利点があるのです。賃貸管理会社にとっても、第3者に家賃の保証を任せることで、家賃の不払いなどの心配がなくなるため、貸しやすくなります。しかし、家賃債務保証を担う会社も家賃を回収しなければ仕事にならないので、借主が家賃の滞納などをした場合の取立てに関しては、管理会社が行っているものよりかは厳しいものになり、家賃を払えなくなったときから、短期間でその賃貸物件に住めなくなるなどの措置をとられる場合があります。家賃を保証する会社の取立てに関しては、それに関わる法律が現時点ではなく、家賃債務保証を担う会社と借主との間にトラブルも発生している為、借主は注意が必要になります。